スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

タイミング②

2008/01/07 01:07

2007年4月からは、ダンナの転勤で引越しをしたので

違う病院へ通うことにしました。

ここの病院では、今までの経過を話し、とくに検査もなにもなく

最初からタイミング治療がSTART。


生理が始まって2日目から5日間、クロミッドを飲み、
10日目から3日連続、卵子を育てる注射を肩にしました。
それから排卵させる注射を最後にして。



前の病院とはやり方が違うし、注射の回数もすごく少ないけれど

環境が変わったせいなのか、ちゃんと排卵する事のほうが多かったです。


でも、OHSS(卵巣が腫れて腹水が溜まったり風船のようなお腹になる)

になりかけて1ヶ月お休み。

(ヒドイと入院になりますが、自宅安静で大丈夫でした。)


それに生理不順で毎月タイミングが出来るわけじゃなく

2007年4月から10月まで5回の生理があり、

そのうち、2回はお休み。 3回は注射→排卵→タイミングと出来ました。


前にくらべたら、注射すれば必ず卵子が育ち、排卵までする事が

すごく嬉しかったです。

自然に妊娠する人からみれば、当たり前の事なんだろうけど・・・汗とか


スポンサーサイト

過去の不妊治療  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

タイミング①

2008/01/06 01:04

両側卵管開口術をしたのが2005年10月。

その後、手術が成功したか確認の為の卵管造影をまたやったりと

タイミングSTARTしたのは、2006年になってからでした。

それから2007年2月まで、そこの病院へ通いました。


生理3日目から、1日おきに卵子を育てる注射を

オシリに交互に打っていきます。

それから、排卵させる注射を最後にしてタイミング。


注射4本で、卵子が育って排卵した時もあれば、
注射9本を打っても、育たずにリセットする事もあり・・・


旅行や出張などで通えない月も何回かあったけれど、

ほとんどが、 育たずにリセット でした。


2006年1月から2007年2月までの1年ちょっと

ちゃんと育って、排卵もして、先生がこの日に!!と

タイミングが出来たのはたったの2回・・・・・


過去の不妊治療  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

クラミジアについて

2008/01/05 01:59

■クラミジアについて■

クラミジアは性行為でしか移りません。
何も異常がなくて、病院で検査するまでまったく気づきませんでした。
だから、いつからクラミジアになっていたのか・・・もわかりません。


初めて、クラミジアが発覚したのが、2003年の夏。
その時の検査方法は、子宮の入り口を調べる検査
飲み薬を2週間。その後、再検査。(同じく子宮の入り口を調べる)
結果:治ったと言われる。
ダンナにもクラミジア検査をしてもらう。
結果:問題なし。 



それから2年後の2005年。違う病院で卵管造影。
卵管が両側とも詰まっている事がわかった。
クラミジアが原因らしい。

2年前のクラミジアの再検査の時に、
子宮の入り口に菌がいないで、上へ登っていたんじゃないか。
それで卵管が詰まったんじゃないか。
 と先生に言われました。
・・・って事は、治っていなかったってコトですよね(>_<;)



これだけで終わらないんです(涙)
2007年4月。転勤で引越ししたので、手術した病院とは違うところへ。
体外受精をしようと決めてから、体外受精で有名な不妊科に変更。
2007年12月から通う。

そこで、クラミジア検査。(血液検査でわかる)
そしたら!! またもやクラミジアがいたんです。・゚・(ノД`)・゚・。

子宮の入り口や卵管とかじゃなく、体の奥にいるんだわ って言われました。
だからダンナには移らないのかも。

治らないと思うけど薬、飲む? って言われて
また2週間、飲みました。(再検査の結果待ち)
体の奥にいたら、完治するのは難しいみたいです。


過去の不妊治療  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

手術②

2008/01/04 01:57

言葉で説明するのは難しいので、下手だけど絵を描いてみました(笑)

下腹部を縦に10cmほど切ってから

閉じている卵管にⅩと切り込みを入れます。
Ⅹの真ん中から4箇所を外側にめくって
外側にめくったら、縫う。
そしたら四角く穴が出来て、開いた状態になる。




卵管に癒着があるかどうかは、お腹を開いてみないとわかならいと言われていて

手術の時に、少し癒着もあったようで、それも取ってもらいました。

ただ、1度、卵管が詰まった事のある人は、半年後、1年後、

また卵管がつまってしまう可能性が高いと言われました。

その時は、体外受精にしようと決めています。

それまでは、手術は無事に成功したので、タイミング治療の始まりです。

過去の不妊治療  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

手術①

2008/01/03 01:53

最初から体外受精ではなく、自然に妊娠したい・・・と2人の意見が同じで

卵管を開く手術をしました。 両側卵管開口術 といいます。

私の手術をする前に、ダンナの精子が正常でなければ

手術をしないで最初から体外受精になるので、まずはダンナの精子検査

結果:正常。

結果が正常で安心した反面、私だけに原因がある事に

申し訳ない気持ちになって落ち込み、毎日②泣いてばかりいました(・・、)

そんな時、ダンナが言ってくれた言葉。

子供が欲しくないって言ったら嘘になるけど、子供が欲しくて
結婚したわけじゃないし、キキが好きだから結婚したんだよ。
もし、子供が出来なくても2人で楽しくやっていこう!!

と言ってくれて、泣いてばかりいた事にものすごく反省しました。

手術もまだしてなくて、これからだ!!って時に、クヨクヨしてたらダメだ。

と、気持ちを切り替える事が出来ました。



手術は、入院して次の日。

全身麻酔で、気が付いたら終わっていました。

その日は1日中、寝ていました。

詳しくは次の日記で。

手術した次の日は、30秒で行ける距離を15分以上かかったり

ヨチヨチ歩きで、お腹の傷跡も痛かったけど10日間の入院生活は

ご飯も美味しかったし、おやつの時間まであって(笑)

ものすごく快適な入院生活でした。

過去の不妊治療  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。